テーマ:医療

自閉症、脳に小さい部分 遺伝子型で差 【発達障害】

自閉症、脳に小さい部分 遺伝子型で差  自閉症の人は、他人との協調にかかわる脳の「下前頭回」という部分の体積が一般の人に比べて小さいとの研究結果を、山末英典東京大准教授らが14日、発表した。  また自閉症と関連があるとされる遺伝子が特定の型の人は、人の感情の理解に関与する脳の「扁桃体」の体積が大きいことも分かった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more