テーマ:格言

新卒採用の就職活動をする学生に、わかって欲しいこと。 人としての、強さと、弱さ。

強くなることはないです。 弱い自分に苦しむことが 大事なことなんです。 人間は元々弱い生き物なんです。 それなのに、心の苦しみから 逃れようとして強くなろうとする。 強くなるということは 鈍くなるということなんです。 痛みに鈍感になるということなんです。 自分の痛みに鈍感になると、 人の痛みにも鈍感になる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『やってみせ 言ってきかせて ・・・』山本五十六の語録から、新卒採用コンサルタントの想うとこ...

「『やってみせ 言ってきかせて ・・・』山本五十六の語録から、新卒採用コンサルタントの想うところ」について やってみせ  言って聞かせて   させてみせ 褒めてやらねば    人は育たじ これとはちょっと異なりますが、 放置して  一切ケツも叩かずに   這い上がってきたなら    そいつは本物 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

二宮尊徳が、こんな格言を残していたのを知っていますか・・・? 道徳なき経済は、悪であり・・・

道徳なき経済は、悪であり  経済なき道徳は、寝言である            二宮尊徳 ずっと前から手帳に書き記している言葉です。 いつどこで聞き知ったか忘れましたが、 非常に印象深かったのを覚えています。 「あ~、自分は寝言ばっかりだったな・・・」と。 おそらく学生自分の頃、就活後のことだと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザー・テレサの言葉に、新入社員研修を想う。(新卒採用コンサルタント 兼 新入社員教育担当)

人は無理を言う。理屈が通らないし、 自分勝手だ。 それでも、 愛そうじゃないか。 良いことをすれば、エゴでやったんだと、 人はあなたを批判する。 それでも、 良いことをしようじゃないか。 あなたが成功すれば、偽りの友人、そして本当の敵が現れる。 それでも、 成功しようじゃないか。 今日、行なった良いことは、 明日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sunday’s Breakfast  (たまには日記っぽいブログを・・・。)

日曜日の朝です。 土曜の朝はたいてい二日酔いですが、 昨日もそれに漏れず、二日酔いでした。 新入社員の歓迎会があり 二次会まで若人と飲んでいたのですが、 それだけではなく、非常に悔しいことがあり 帰宅後も寝るに寝られなかったため、 夜中一人酒を煽っていたからだと思います。 何があったんだ、という話は まぁ社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣伝の意義とは (松下幸之助「経営心得帖」より)

メーカーの使命は、やはりなんといっても真に人びとの役に立つ良い品物をつくることだと思います。それなくしては、生産者としての存在価値がないといえましょう。 しかし、ただ良品をつくれば、それでおしまいかというと、それだけではないと思うのです。 そのことを何らかの方法で広く人に知らせることが大切だと思うのです。 「今度、こういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の格言  (新卒採用コンサルタントの今日の想い・・・)

努力して結果が出ると、          自信になる。 努力せず結果が出ると、          傲りになる。 努力せず結果も出ないと、          後悔が残る。 努力して結果が出ないとしても、          経験が残る。 本日1月末日ということで 営業〆会に参加していて この言葉を思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年につき、今年一年の抱負を。 (採用コンサルタント@風邪で寝正月)

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 さて、まずは昔の私の記事をそのまんま引用。 ここ数年、年始に「一年の行動指針」を決めています。 新年に、心機一転「これだけは守る!」 という行動指針を考えるのは 非常に良いことだと思います。 一昨年は、「選択肢の増える選択をする」。…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

今年一年を漢字一文字で表すと・・・『命』  採用コンサルタントの私の一年は・・・?

財団法人・日本漢字能力検定協会は、1年の世相を表す「今年の漢字」を募集。 応募の結果から2006年の世相を表す今年の漢字に 「命」が選ばれ、12月12日、京都市東山区の清水寺で、 森清範貫主が特大の色紙に大きく「命」と書かれました。 ちなみに、歴代の「一文字」は、 1995年:「震」(阪神・淡路大震災) 1996…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

近江商人語録(商人道)より 【笑売】・・・新卒採用コンサルティングビジネスの本質

商は 笑にして 勝なり  笑を 生すれば 商が 昇し   笑を 少すれば 商が 小する  -「笑売(しょうばい)」 →新卒採用コンサルティングサービスのご案内はこちら →合同企業説明会に関してはこちら 近江商人かどうかは定かではないのですが、 商人道のコトバとして有名な語録です。 私の出身は滋賀県…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

人多き 人の中にも 人ぞなき 人になれ人 人になせ人 (組織論に通ずる偉人のコトバ)

「人多き 人の中にも 人ぞなき 人になれ人 人になせ人」 (ヒトオオキ ヒトノナカニモ ヒトゾナキ ヒトニナレヒト ヒトニナセヒト ) このコトバは聞いたことがあったのですが、 正直意味はよく理解していませんでした。 弘法大師の詠んだ唄らしいです。 また、かなり似た唄ですが、 「人多き人の中にも人はなし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『やってみせ 言ってきかせて ・・・』山本五十六の語録から、新卒採用コンサルタントの想うところ

やってみせ 言ってきかせて させてみて           ほめてやらねば 人 は動かず                  ・・・山本五十六 うちの代表が好き(なはず)な言葉です。 マネジメントの基本。 思い返せば、新卒採用で入社した会社で 自身の尊敬する先輩は常にこうだったように思います。 (「ほめて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ちょっと一息)ストレスを受けることの、反対は・・・?

”ストレスを受けている(stressed)” という言葉は ”デザート(desserts)”を 逆につづっただけのこと ブライアン・ルーク・シワード →新卒採用コンサルティングサービスのご案内はこちら →合同企業説明会に関してはこちら -------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「勇者と俗人の根本的な違いは・・・」 ドン・ファン (ドン・フアン ; Don Juan)

勇者と俗人との根本的な違いは、 勇者は全てのことを挑戦と受け止めるのに対し、 俗人は全てのことを好運か不運のどちらかと考えることだ。 ドン・ファン (ドン・フアン ; Don Juan) (以下、引用) ドン・ファン(Don Juan)は、17世紀スペインの伝説上の放蕩児、ドン・フアン・テノーリオ(D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンチの時こそ、こんな一言 (あなたの心が苦しいとき、決してあなたの舌を信じないように・・・)

あなたの心が苦いとき、  決して、 あなたの舌を信じないように サミュエル・J・ハーウィット ドキっとする一言ですね。 関西人だからか、口げんかでは そうそう負けない自信があります。 昔は論理が通っていないことも多かったのですが 徐々に論理力を身に付けつつある今、 さながらインテリヤクザとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西郷隆盛の格言 思わじな 思いしことは違うぞと 思い捨てても 思うはかなさ

思わじな 思いしことは違うぞと 思い捨てても 思うはかなさ  by 西郷隆盛 どんな場面でこの句を詠んだのでしょうか。 どんな思いで、この句を詠んだのでしょうか。 様々な混沌たる葛藤が、 この句に詠まれているような、そんな気がします。 →新卒採用コンサルティングサービスのご案内はこちら →合同企業説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今 おまえが生まれ みんながおまえを見て笑い おまえは 泣いている・・・

今 おまえが生まれ みんながおまえを見て笑い おまえは 泣いている  おまえが逝く時には おまえが笑い みんなが泣くような そういう人間に おなりなさい           ロシアの伝承 →新卒採用コンサルティングサービスのご案内はこちら →合同企業説明会に関してはこちら ---------…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「この道を行けばどうなる・・・」 アントニオ猪木の格言と思いきや、実は“一休”さん、でもなく・・・?

この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏み出せばその一足が道となる 迷わずゆけよ ゆけばわかる   清沢哲夫氏―「道」(『無常断章』に収録)より 一休宗純の唱なんだ!とびっくりしたのもつかの間。 実はそれもまた違うみたいで、 清沢哲夫という方の詩のようです。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デール・カーネギー語録 「人間性に関して、最も悲劇的なこと・・・」

人間性に関して、 最も悲劇的なことのひとつは、 生きることにどうしても嫌気がさしがちだ、 ということである。 遠い地平線の彼方に 何か不思議なバラ園を夢見てしまうのだ。 今日この日に、 自分の窓の外に咲くバラを楽しまないで。 デール・カーネギー(Dale Carnegie) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達政宗“五常訓”  「仁に過ぎれば弱くなる 義に過ぎれば・・・」

  仁に過ぎれば弱くなる   義に過ぎれば固くなる   礼に過 ぎれば媚となる   智に過ぎれば嘘をつく   信に過ぎれば損をする   気ながく心穏やかに萬に倹約を用いて金を備うべし   倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり   この世に客に来たと思えば何の苦もなし   朝夕の食事うまか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀川長治氏(サヨナラおじさん)の格言 「ひとつの言葉で喧嘩して・・・」

「それでは次回もご期待ください。さよなら、さよなら、さよなら・・・。」 で著名なサヨナラおじさん、淀川さんのコトバ。 ひとつの言葉で喧嘩して、        ひとつの言葉で仲なおり、 ひとつの言葉に泣かされて、        ひとつの言葉であやまった。 ひとつの言葉はそれぞれに、        ひとつの心を持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画【HOTEL Venius(ホテルビーナス)】より 「みんなひとりぼっちだ それでいい ・・・」

人ってのは 自分の傷には敏感で 他人の傷にはてんで鈍くて  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ みんなひとりぼっちだ それでいい だからこそ誰かといられることを 嬉しく思える 相手がいるから 意地も張れる   HOTEL Venius ホテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more