東京都における障害者雇用の現状

現状
―――――――――――――――――――――――

障害者雇用数は年々増加している。

* 平成21年6月1日 東京の障害者雇用数124,147人

障害者雇用率は年々上昇しているが、法定雇用率(1.8%)を達成していない。

* 平成21年東京の障害者雇用率1.56%(全国平均1.63%)
* 中でも中小企業(56~299人)の雇用率は低く0.87%
* 法定雇用率達成企業は全体の31.1%(全国平均45.5%)


障害者雇用数の推移
画像


障害者雇用率の推移
画像

(厚生労働省職業安定局集計)

障害者雇用促進法の改正の主な内容(平成22年7月施行)
―――――――――――――――――――――――
中小企業における障害者雇用を促進する観点から、以下の改正が行われた。

* 障害者雇用納付金制度(※1)の対象事業主を、中小企業に拡大
 従来常用雇用労働者が300人を超える事業主が対象→200人を超える事業主まで範囲を拡大

* 障害者雇用率(※2)の算定にあたり、短時間労働者もカウント
 短時間労働者とは週の所定労働時間が20時間以上30時間未満の労働者を指す。障害者は短時間労働者の割合が高い。

※1 障害者雇用納付金制度は、事業主間の経済的負担を調整する観点から、雇用障害者数が法定雇用率(1.8%)に満たない事業主から、その雇用する障害者が1人不足するごとに1月当たり5万円を徴収し、それを原資として、法定雇用率を超えて障害者を雇用する事業主に対し、障害者雇用調整金や助成金を支給する仕組み。(減額特例有)

※2
画像

東京都ホームページより引用


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ にほんブログ村 企業ビジネスブログへ にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ

人気blogランキングへ 
ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック