人事採用コンサル『新卒採用・障害者雇用を科学する』

アクセスカウンタ

zoom RSS 自閉症、脳に小さい部分 遺伝子型で差 【発達障害】

<<   作成日時 : 2010/09/24 09:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自閉症、脳に小さい部分 遺伝子型で差

 自閉症の人は、他人との協調にかかわる脳の「下前頭回」という部分の体積が一般の人に比べて小さいとの研究結果を、山末英典東京大准教授らが14日、発表した。

 また自閉症と関連があるとされる遺伝子が特定の型の人は、人の感情の理解に関与する脳の「扁桃体」の体積が大きいことも分かった。

 山末准教授は「自閉症の原因や仕組み解明に脳の体積や遺伝子レベルで貢献し、新たな治療につながる可能性がある」としている。

 山末准教授らは、自閉症などの人と一般の人で、こめかみ付近にある下前頭回の体積を測定。自閉症の人は約20%小さく、特に下前頭回のうち脳の右側にある「弁蓋部」という部分の体積が小さいほど、他人とのコミュニケーションがうまくとれない傾向があった。

 山末准教授らは、自閉症と関連があるとされる「オキシトシン受容体」の遺伝子が、自閉症の人に多い型の場合、扁桃体が大きいことを突き止めた。

[静岡新聞 9月14日]

こうした医学が進み、治療方法が解明されていくということは本当にすばらしいことだと思います。

ちなみに、「自閉症」とか「アスペルガー」、それらの総称である「発達障害」って、一般的認知のあるものなのでしょうか。

発達障害者分類表(引用元:Wikipedia)
画像

(引用注釈)この図は一般的な自閉症スペクトラムを表しきっているわけではなく、知能指数と自閉傾向の強弱のみによる分類図にすぎない。

自閉症とは、社会性や他者とのコミュニケーション能力の発達が遅滞する発達障害の一種。先天性の脳機能障害であるが、脳機能上の異常から認知障害の発症へといたる具体的なメカニズムについては未解明の部分が多い。時に、早期幼児自閉症、小児自閉症、あるいはカナー自閉症と呼ばれる。

日常語でうつ病やひきこもり、内気な性格を指して自閉症と呼ぶこともあるが、これは医学的には完全に誤った用語である。
(引用元:Wikipedia)



↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ にほんブログ村 企業ビジネスブログへ にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ

人気blogランキングへ ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自閉症、脳に小さい部分 遺伝子型で差 【発達障害】 人事採用コンサル『新卒採用・障害者雇用を科学する』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる