新卒採用の就職活動をする学生に、わかって欲しいこと。 人としての、強さと、弱さ。

強くなることはないです。
弱い自分に苦しむことが
大事なことなんです。
人間は元々弱い生き物なんです。

それなのに、心の苦しみから
逃れようとして強くなろうとする。
強くなるということは
鈍くなるということなんです。
痛みに鈍感になるということなんです。
自分の痛みに鈍感になると、
人の痛みにも鈍感になる。

自分が強いと錯覚した人間は
他人を攻撃する。
痛みに鈍感になり優しさを失う。
いいんですよ、弱いまんまで。
自分の弱さと向き合い、
それを大事になさい。

(テレビドラマ「聖者の行進」野島伸司脚本)



クライアントの新卒採用だけではなく、自社の新卒採用においても、いくつかの局面で顔を出すことがあります。

そこで学生さんと会って話をして、いつも思うことが、上の言葉に詰まっているような気がしましたので引用してみました。

「強い人」よりも、「強くない自分を認め、しかし、強くなりたいと願い、自分と向き合っている人」と、一緒に仕事をしたい。よほどのことがない限り、本当に「強い人」なんて、そうそう居ない。

それを、実は自分ではわかっているのに、「受かろう」という意識、「受かりたい」という願望が、「強く見せる」ということにつながってしまっている。

そんなことがよくあるように思う。

もっと自分に素直に。
もっと謙虚に。

そして、もっと自分を大切に。

新卒採用コンサルティングサービスのご案内はこちら
合同企業説明会に関してはこちら

-------------------------------------------------
キャリアマート/新卒採用コンサルタント

新卒採用アウトソーシング新卒採用コンサルティング
転職求人情報 キャリアマート
人材紹介サービス
-------------------------------------------------
新卒採用コンサルティングについて
新卒採用アウトソーシングについて
新卒採用ツールのご紹介
-------------------------------------------------
にほんブログ村 企業ビジネスブログへ にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ にほんブログ村 ベンチャーブログへ
人気blogランキングへ ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック