マーケティングとは? 宣伝とマーケティングの違いについて 参考:コトラーのマーケティング・コンセプト

昨日は、「経営心得帖(松下幸之助)」より『宣伝の意義』について言及し、そこから派生して新卒採用の母集団形成について、考察してみました。

今日は、『宣伝』から『マーケティング』へと
話の題を置き換えて考えてみたいと思います。


というのも、はじめて『宣伝の意義』を読んだとき
正直なところ、「きれいごと」的な印象を受けました。

世にとって価値ある商品を創り出し、
それを提供するのが企業価値。
とはいえ買ってもらわねばその価値を提供できない。
だから、宣伝というものがある。

それは正しいと思います。
しかし、実際多くの企業(特に上場企業)
においては、
いかにして売上を上げ、利益を出し、
従業員を雇用し(生活を保障し)、
株主に利益還元をするか。

その為に、“売れる”商品をつくり、
かつ“売るために”どういう営業施策を採るか。
どのように宣伝・広告をするか。

その発想の方が、しっくりくるというか
現場感としては強いかな、と思ったり。


フィリップ・コトラーの著書、
「コトラーのマーケティングコンセプト」
の序文には、
「マーケティングは企業の顧客製造部門なのである」
とあります。
非常に奥深い文章ですので、
今日はこちらを引用、ご紹介して締めたいと思います。

画像

今日のビジネス界が直面している中心問題は、
商品の不足ではなく、顧客の不足である。
世界的に見てほとんどの産業が消費者の購買力をはるかに上回る生産力を有している。
この過剰生産能力は、競争状態にある個々の企業が実現可能な限度以上に市場シェアの拡大をめざした結果もたらされたものだ。
すべての企業が 10%の売上増をめざしたにもかかわらず市場全体の成長率が3%であれば過剰生産という結果になる。
この過剰生産がハイパーコンペティションをもたらす。
競合各社は何としてでも顧客を引き寄せようと価格引き下げや景品の付加に走る。
この手の戦略は最終的に利ざやの縮小や利益の減少につながり、企業倒産を招いたり、合併・買収を加速させたりすることになる
        (中略)
過剰生産能力が問題となる今日、マーケティングの重要性はかつてないほど高まっている。
マーケティングは企業の顧客製造部門なのだ。

(コトラーのマーケティング・コンセプト 序文より)


新卒採用コンサルティングサービスのご案内はこちら
合同企業説明会に関してはこちら

-------------------------------------------------
キャリアマート/採用コンサルタント

新卒採用アウトソーシング&採用コンサルティング
転職求人情報 キャリアマート
人材紹介サービス
-------------------------------------------------
新卒採用コンサルティングについて
新卒採用アウトソーシングについて
新卒採用ツールのご紹介
-------------------------------------------------
にほんブログ村 企業ビジネスブログへ にほんブログ村 ベンチャーブログへ にほんブログ村 経営ブログへ
人気blogランキングへ ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック